あれもこれも

旅行と美容レポートしてます

【台湾旅行】九份と迪化街を行く1日目

f:id:tharuke:20200108113130j:image

11月の話になりますが、作者母親を連れて台湾旅行に行ってまいりました。さらっと紹介しましょう!

f:id:tharuke:20200107193533j:image

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2021 るるぶ台湾 (るるぶ情報版 A 8)[本/雑誌] / JTBパブリッシング
価格:1155円(税込、送料別) (2020/1/18時点)

楽天で購入

 



今回私たちはこのガイドブックを読破していきました。分厚いですが、常に持ち歩いてお守りにしていました。

f:id:tharuke:20200107193816j:image

宿泊先はこちら

About Us - 台北北門館 - 城市商旅 CitySuites

台北駅から徒歩10分かからないくらいで、夜道でもそこまで不安にならないで歩くことができます。ホテルから少し歩くとセブンイレブンもあって便利ですが窓がありませんでした🤭

ホテルのテレビで日本の番組も見ることができますので、特に退屈することはないです。浴槽も深めだしシャワーの水圧もバッチリです。リフォームされたばかりなのでとても清潔でした!

f:id:tharuke:20200107195011j:image
f:id:tharuke:20200107195015j:image

次の日の朝ごはんです。

鼎元豆漿というお店で中正記念堂駅から少し歩きます。並んでいましたが長居するところではないみたいで、席をすぐ確保することはできました。注文表を渡してくれるのでそこに欲しいものの個数を書いてお金を払います。現金のみなので、あらかじめ自分が食べたいものと、お金を用意しておくとスムーズに進めます。ここの小籠包すっごく美味しかったです。ローカルが味わえました!

f:id:tharuke:20200107200623j:image
f:id:tharuke:20200107200620j:image

そのあとは一旦ホテルの近くに戻りまして、迪化街(ティーホァーチェ)というところへ向かいました。北門駅からでも、宿泊先のホテルからでも徒歩で行けちゃいます。私は今回行った台湾の中で一番好きな場所になりました。

ここではローカルなお土産を買うことができます。ドライマンゴー、上の写真にもあるように蒸籠や籠バッグ、木製品、漢方、台湾雑貨、お茶屋さん、ご飯屋さんなんでもあります。私たちは9時過ぎくらいに訪れたのですが、早すぎだみたいであんまりお店が開いていませんでした。10時半11時くらいに着くとちょうどいいかもしれません。なんやかんや2時間以上ここで歩いて見て回っていたので、しっかり時間を確保するのをおすすめします!

f:id:tharuke:20200107201248j:image

永楽市場というところに、大量のお持ち帰り肉まんと、ぶつ切りの豚さんやら、刺激的なものがいっぱいありました。ここの2階には大量の布と中華柄の小物が売っています。

f:id:tharuke:20200107202011j:image

タピオカも美味しかった。

買ったものをホテルに置き去りにし、九份へ向かいますよ!

今回私たちが使った交通手段は台北駅から瑞芳(ruifang)駅までを電車で、そこからタクシーを使っていきました!この路線は電車内で飲食ができちゃうので、台北駅で軽食を買って乗ってもいいかもしれません。乗車券は券売機で購入しました。瑞芳駅から九份までのタクシーは205元と決まっているのでぼったくられる心配もほぼないですし、日本語話せるお兄さんたちが案内してくれます。

この列車から小汚いアパートや、郊外のリアルな雰囲気を車窓から見ることができます。すごく面白かったです。

f:id:tharuke:20200108113930j:image

台湾といえば!の景色に写ってる今回のサムネにもなっているのはこの阿妹茶楼というお茶屋さんです。値段は忘れましたが二千円くらいで大量の台湾茶とちょっとしたお茶菓子をいただくことができます。かなり素敵なロケーションでのんびりできますのでおすすめです!

f:id:tharuke:20200108114131j:image

お茶菓子

f:id:tharuke:20200108114644j:image

あつあつのお湯が入ってます
f:id:tharuke:20200108114135j:image

窓からの景色です。この斜向かいにある建物が海悦楼茶坊というレストラン?カフェでして、ここからTHE台湾!というようなお写真が撮れるのです。写真だけで入るのは止められちゃいますので、お茶をいただくか手前のところで写真撮りましょうね!

f:id:tharuke:20200108115757j:image
f:id:tharuke:20200108114743j:image
f:id:tharuke:20200108114738j:image

何枚か写真を撮って、ふらふら歩きましたが、臭豆腐の匂いが私たち親子にはキツすぎて少し暗くなったところで私たちは退散しました。3時くらいについて、日が暮れるのを待って、写真を撮り、解散だと人も少なめなので歩きやすいです。日が暮れちゃうとものすごく人の量も増えてごちゃごちゃになりますし、タクシーも捕まらなくなるかもなのでいい時間に来れてよかったです!提灯が点灯したのはだいたい5時半くらいでした。

帰りも同じルートで帰り、途中瑞芳駅の夜市的なのを発見しふらふら歩いて胡椒もちをいただきました。

f:id:tharuke:20200108115253j:image

ホテルに戻りました。

なんだすごくうまくいきすぎたので時間が余ってしまいました。

ホテルから(ギリギリ)徒歩距離の寧夏夜市f:id:tharuke:20200108115416j:image

ここでやっすいルーローハンを食べたんですけど八角が好まなくてあまり美味しくなかったです。残念。

今夜はこのくらいにしておきましょう。2日目はまた次回に続きます!