やりたいこと、あれもこれも

旅行と美容、フィアンセビザ申請中

【オタク必見⁉︎】見て損はないぞ!日本のアニメ・マンガカルチャーI N アメリカ

 

アニメや漫画が好きな人ってどう思います?

皆さんこんにちは!最近見たアニメは「働く細胞」、作者です。

世間一般的にアニメやマンガが好きな人=オタク、と思ってる方多いですよね。というよりオタクなんて言葉作った人誰ですか!そしてその言葉の意味をマイナスに持って行った人は誰ですか!全く、アニメやマンガは日本の誇るべきカルチャーですよ!もっと堂々と見てやりましょうぜ。今回はそういう話です。

 

①なんでそんな熱苦しいの?

失礼しました。作者もアニメ大好きでしたもん。過去形なのは単純に好みが変わったのと、英語の勉強をするためにアニメや漫画より海外ドラマをなるべく見るようにしてるんです。そして彼の動画を見たんです。

youtu.be

この動画はアニメ好き界隈においてのお話なのですが、考え方としてはアニメが好きな人と全くアニメを見ない人の間でも生じる価値観の問題と似ているなと思って取り上げて見ました。英語ですが・・・よろしければ。

私が言いたいのは、アニメを見ることが好きな人もいれば、そのアニメのキャラクターに恋しちゃう人もいるし、グッズを集めたくなる人もいて、人それぞれだし、それを批判したり毛嫌いするのは違うんじゃね?ということです。

 

②日本人はみんなアニメ好きだと思ってるでしょ?

これは日本のアニメや文化が好きな外国人に言いたいことです。だし、みなさんの中にもそう思ってる方いらっしゃるでしょう。これをステレオタイプと言う人もいますし、これを利用する方もいるんじゃないでしょうか。作者は渡米前は前者でしたし、今は後者です。

日本が好きと言ってくるアメリカ人は大抵アニメ好きな人たちでした。アニメを通して日本語を学んでいたり、よくわからない日本のイメージを持ってたりしました。しかし!アニメに興味のない日本人の友人たちは彼らの話についていけず、せっかくの異文化交流のチャンスを逃していました。そこで聞いたのは「日本人がみんなアニメ好きだとおもわれてるよねー」と。そこで私の出番です。「どんなアニメ見るの?」と質問すると目をキラキラさせてたくさんのアニメの名前とどんなアニメが好きなのか会話が弾むんです。

偏見には偏見で対応を、じゃないですけど日本人とアニメの話をしたい!という人のニーズに応えるために、アニメ好きを演じるのです。海外志向の強い人は自分の文化より海外の文化に興味を持ち、その人たちも結果「〇〇人と〇〇(その国の文化)について語りたい!」現象を起こすのです。外国人は日本人をこう思ってるんでしょ?と知ってるならそれはチャンス。もし日本好きな外国人と友達になる機会があったら、是非そのような日本人を最初演じてみて、それからそうじゃないんだよ、と教えてあげればいいじゃないですか、という提案です。

 

③作者がアニメをお勧めしたい人は海外志向のある人だけじゃない

受験生や、何かを学びたい人全員にお勧めできる。

最初にあげた働く細胞は自分の体の中で何が起こっているのかを簡単に知ることができるし、普通に面白い。看護学生の子が働く細胞を見てたおかげで解けた問題もあると言っていました。作者はゼミで宗教について勉強していましたが、「ノラガミ」などのアニメのおかげで神道について知らないうちに知識を得ていたり。スポーツ系のアニメで自分の部活のモチベーションを上げたり、歴史の勉強にもなったりと、アニメを見ることのメリットはたくさんあります。多少強調された表現もあると思うので見極めは大事ですが。多方面の知識を楽しんで得る、ということに長けていると言えるんじゃないでしょうか。恋愛系アニメ見て「恋したーい」って思ってもいいんじゃないでしょうか。

 

つまり、アニメ好き=オタク=きもい なんて言ってるやつ損するぞ。時間を持て余してるなら一回見てみろ、というお話でした。今回は多少口の悪さが出ているなというのは重々承知です。ご精読ありがとうございました。