やりたいこと、あれもこれも

旅行と美容、フィアンセビザ申請中

【ツルツル計画】ブラジリアンワックスって痛い?どのくらいもつの?アメリカでやってみた。VIO

下の毛の処理、皆さんちゃんとやってますか!?

作者は最近おろそかにしてます。それはさておき、

今回のテーマとなるブラジリアンワックス、イメージとしては

ベリッ‼︎‼︎! ♪ 痛タタタ

このような感じでしょうか(笑)あながち間違いちゃないですよ。皆さん大好きな毛問題、お話ししていきましょう。

 

①なぜやってみようと思ったか。

A.裸になるチャンスが到来してしまったんです。そして興味があった。

今となっては作者の恋人になっているのですが日本の方じゃないんですよ。海外在住の方達のブログを読んでいたりすると、いざご対面!の時に日本人ならではの真っ黒のお毛毛をご覧になられた男性陣はびっくり仰天なさるとか。郷に入っては郷に従えと、ツルツルにする決心をしました。台無しにしたくないですし・・・ね。さらに、海外経験豊富な日本人のお友達は何人もすでに経験済みだったので色々お話し聞けたというのもひと押ししてくれて、いざ出陣となったわけです。

 

②お値段どのくらいよ??

A. $40

まあまあ高いかな。日本でだともう少しやすいところも探せそうですね。ただ家から徒歩でいけるところがそのサロンしかなかったので、Uber使って行ったらもっと高くなるし良いだろうと思って通ってました。

ベトナム人が経営するサロンで従業員は全員ベトナム人。聞き取りづらい英語で話してきますがフレンドリーで優しかったです。

 

③いざ、出陣!

さて、上記でお話ししたようにスタッフの皆さんはとてもフレンドリーで最初少し緊張していた作者ですがだんだん落ち着いてきました。生えっぱなしのまま行っちゃって剃毛からスタート。それでも全部剃っちゃうと抜くための糊代的な部分がなくなってしまうので5mmから1cmくらいにしておくのがベストでした。

第一回ブラジリアンワックスは正直もーのすごく痛かったです。終わった後肌は赤くなってしまってヒリヒリ・・・すぐ家に帰って冷たいシャワーを当てて鎮静。あとから友人に話しを聞くと

「あの人じゃなかった?上手な人をいつも指名してるから私は平気よー。」と。

ほぉなるほど。上手い下手というのがブラジリアンワックス界には存在するのね。次回からは指名してみよう。もしそれでダメだったらブラジリアンを卒業しよう。

 

④仕上がりはいかがですか?

次の日にもなれば痛みも赤みもなくなり、ツルツルの自分を見ました。

「小学生に戻ったみたい・・・。」

ものすごい違和感の恥ずかしさが襲ってきました。しかし数日もたてば見慣れますし今となっては生えてる方が気持ち悪いと思うほどです。完全に毛を抜ききったとしても、よく見ると肌の中に黒い点々はみえます。次はこいつらがでてくるのか、という感じです。1週間くらいは何もお手入れいらず、それ以降は気になる所は剃って1ヶ月放置、そんな感じで過ごしました。プールなど水着になる機会が多かったのですがお手入れはほとんどしなくていいし、毛がはみ出るのを気にせずにいられるのでよかったです。

そして、2回目以降からあまり痛みを感じなくなりました。痛いんですけど耐えられます。結果、何度も通うようになりました。というのも毛がない状態で生理を経験したらわかると思います。とても健やかなのです(笑)蒸れにくいし、清潔に保ちやすくなった気がしました。ナプキンの粘着部分がけに絡まったりしないですし。

 

⑤埋没毛とか、アフターケア

根元から抜いてますし、次に生えてくる毛は埋まりやすくなってます。ワックスしてから3日後くらいから時々スクラブなどで古い角質を取り除いたり、ピンセットで抜いたり、生えやすい環境を作らないと埋没毛は発生してしまいます。実際作者もアフターケアを怠って埋没毛できちゃいました。そのまま内側で毛は伸びていて取り出せなくてすごく焦りましたが、ラッキーなことに自然と抜けたので大丈夫でした。

 

 

それでも肌に負担はかかるし、完全に脱毛できるわけじゃないから通い続けないといけない。ただ光、医療脱毛みたいに待つ時間なくツルンツルンになれる。剃毛することがほぼなくて済む。今すぐツルツルにしなきゃ!という人にはオススメですが、時間もお金もある人はさっさと医療脱毛なり、光脱毛なり、家庭用脱毛器なり利用した方がいいと思います。

 

私事ですが、ついに医療脱毛(VIO)に手を出す決心をしました。体験次第また更新したいと思います。

 

 

 

毎度ですが、外国人という言葉を何度も使用していますが、差別的なのであまり使いたくありません。しかし日本語で日本人向けに書くとなると一番わかりやすく短くべきだと思い使用しています。気分を害されましたらすみません。